読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ2017ネタバレ,感想【暴露】します

おすすめドラマの紹介です

ボク、運命の人【3話】ネタバレ感想

定岡、晴子、三恵と飲みに行くことになった誠。

定岡の完璧な行動にまったく勝ち目なしの誠は落ち込む。

数日後、会社の人達と飲みに行った誠は偶然定岡と会い、明日晴子にプロポーズすると伝えられる。

翌日、誠は晴子の実家にウォーターサーバーを納品し、晴子の両親から晴子の居場所をききつける。

そこへ向かうと晴子が定岡に向かって笑っている場面を目撃、そしてタイミング良く吹奏楽部が結婚行進曲の演奏を始める。

晴子が定岡のプロポーズを受けたのだと思いショックを受ける誠。

その後、

河原で少年たちとひょんな事から野球をすることになる。

そこに晴子が偶然通りかかり、プロポーズを断った事を知り安堵する。

そして晴子に自分の連絡先を野球のスコアボードに書いておくので、後で見にきてほしいと伝える。

少年たちと真剣に野球をし、自分の電話番号通りに点数を入れた誠。

後になって見にきた晴子はその番号に電話する。

誠は晴子からの電話に喜び、後日ちゃんこ鍋を食べに行く約束をする。

3話のポイントはずばりクラシック。

山P演じる謎の男にクラシックの名曲100曲を作者とともに覚えろと言われます。

普通ならムリムリ!となるところですが、晴子の為にと必死に覚える姿は愛だなぁ〜と思いました。

晴子の両親を味方につけているのも誠の人柄ですね。

そしてクラシックの助けもあり、晴子のケータイ番号をゲット。

みんなでちゃんこ鍋を食べに行く約束もできて誠も大喜び。ケータイ番号を交換できるとやっぱりテンション上がりますよね。

でも家に帰って、謎の男にまだまだ彼女は攻略できない!って言われてました。

恋ってやっぱり難しい。

エンディングのダンスも個人的には好きです。来週も楽しみです。